ニュース9月27日

国土交通省 「機械式立体駐車場の安全対策に関するガイドラインの手引き」公表

国土交通省はこのほど、機械式立体駐車場の安全対策と適正利用の推進を図るため、「機械式立体駐車場の安全対策に関するガイドラインの手引き」を公表しました。

 機械式立体駐車場の安全対策、適正利用の推進のため、一般にも一層分かりやすくなるよう、ガイドラインに基づく安全対策の具体的な実践例や関連する過去の事故事例等を取りまとめ、写真やイラストも交えて解説を加えたものです。

 機械式立体駐車場における事故は平成19年度以降、死亡12件を含み、少なくとも32件が発生しており、子供が亡くなる痛ましい事故も発生しています。特にマンションの駐車場での事故が全体の半数以上を占めるなど、利用者が自分で駐車装置を操作する時に多くの事故が発生しています。

 こうしたことから、国土交通省では、機械式立体駐車場に関わる製造者、設置者、管理者、利用者の関係主体が取り組むべき安全対策の具体的な実践例等を分かりやすいよう取りまとめました。

 また、国土交通省、消費者庁は、特にマンション等の駐車場の管理組合や利用者向けに安全対策の検討、実施の活用を図るため、「管理者向け自己チェックシート」を取りまとめています。

▼ 「機械式立体駐車場の安全対策に関するガイドラインの手引き」 http://www.mlit.go.jp/toshi/toshi_gairo_tk_000038.html

▼ 「機械式立体駐車場の安全対策は大丈夫ですか?管理者向け自己チェックシート」 http://www.mlit.go.jp/common/001145264.pdf


  • ご相談ダイヤル 03-5468-8788 平日9:00~18:00
  • 賃貸経営110番を支えて下さっている協賛企業のご紹介